気をつけて!ネットにおける個人のプライバシー問題

スマートフォンと個人のプライバシー

ここ数年スマートフォンの急激な普及により、これまでインターネットを利用してなかった層の人たちがユーザーになったことで様々な社会問題が発生しています。最も大きな問題は、個人のプライバシーが世間中にさらされるという被害があちこちで発生していることです。これはスマートフォンや携帯電話に最初からアプリとして入っているSNSサービスを利用した結果、情報リテラシーがそれほどでもない人はうっかり重要な個人情報を書き込んでしまい、それが何らかのきっかけで世界中に拡散してしまう、という現象です。

一度拡散してしまったプライバシーはどうなるか

一度ネットに拡散してしまった個人のプライバシー情報を削除して、世間の目に見えないようにすることは、極めて困難です。掲示板やSNSを通じて瞬く間に個人情報が世界中に拡がってしまいます。お金を使って専門の業者に頼めば、ある程度は検索エンジンや掲示板などに掲載された情報を、一般の人の目につかないようにすることはできます。ただし、完全に消すことはできないのと、それなりのお金がかかるのは覚悟しておく必要があります。

プライバシーが流出しないための対策

そもそも、プライバシーが流出しないためにはどういう対策をとればいいのでしょうか。まず、考えられるのは、実名のSNSには本人を特定できるような書き込みは止めて、なるべく当たり障りのないことだけを書くようにしておくことです。また、匿名のSNSであってもIDやハンドルネームに自分自身と特定できるような単語やハンドルネームをつけないことです。どうしてもストレス発散で吐き出したいものがあるときは、匿名の別アカウントを作って発言するように用心をしておくべきでしょう。

卓上シュレッダーは小型で場所を取らない利点があります。特に設備が多いオフィスでは使いやすい機器ですが、小型なので裁断した紙屑が溜まりやすく、刃も傷みやすいのでこまめにメンテナンスを行うことが大切です。