ビットコインとは今後はどうするべきであるのか

投機性を少しでは排すること

今は国際通貨であろうと投機の対象になっていますから、ある意味では仕方ないことではあるのですが、それでもこれからビットコインが安定的に流通していくためには投機性を少しでも抑える必要があるでしょう。つまりは、騰がりそうであるからまだ持っておこう、と言う人を増やさないことです。また、暴落しそうだから売り払っておこうという人も減らします。あくまで決済手段として使う人が増えることが最も健全な状態であるといえるでしょう。

あくまで決済手段として

重要になってくるのは決済手段であることです。つまりは、物を買うためにビットコインが使えるのか、ということです。ITサービスなどは使えるようなところが増えているのですが、まだまだ具体的な物を購入する手段としては使えないのが実情です。複製、偽造ができない、ということが売りの仮想通貨であり、それはよいのですが実際の買い物に使えないのであれば意味がないでしょう。その点をこれからどんどん改善していくことが必要になります。

資産として認められるのか

仮想の通貨ですから、あくまで現物としてはないお金になります。では、資産ではないのか、というとそんなことはないです。資産扱いをしよう、という動きが世界的に強くなっています。ですから、ある意味ではこれから普及することが予測されているのは確かでしょう。金融関係というのは意外と敏感に動くことがあるのです。資産として持っている価値があるのは確かであるといえるでしょう。それこそが魅力的な部分になることでしょう。

ビットコインは仮想通貨のパイオニアとして有名ですが、今後も公共料金や電子取引として活用されるでしょう。